Beacapp

導入事例

フォークリフトの稼働状況の見える化

物流の効率化
お客様の課題

走行経路や距離の短縮
運搬費の削減
配置台数・稼働時間の適正化

Beacappで解決できたこと

移動経路別、フォークリフト別、時間帯別などの切り口で運搬/停車時間割合や積荷運搬/空運搬距離を分析。
感覚的な課題意識はデータで裏付けられ、理論上の計画値と実態とのギャップからより効果的な改善策の立案が可能となった。
現場実態データを自動収集する仕組みが、徹底した事実認識による現状分析と問題の発見、さらには連続的・常態的な高速PDCAサイクルの確立を支えます。

工場内のフォークリフトの稼働状況可視化プロジェクト
フォークリフトでの運搬効率は、工場の生産性を考える上で重要な要素です。
しかし、これまでは、感覚値、理論上の数値を元に計画し、実態は把握できていないのが現状でした。
可視化イメージ1 可視化イメージ2
50個のビーコン(Beacon)とiPod Touchでフォークリフトの実際の動きと積荷の有無を計測!
計測イメージ1 計測イメージ2

ビーコン設置台数

50台

弊社の担当範囲

システム連携 ビーコン(Beacon)現地設置
アプリ開発 現地検証
ビーコン(Beacon)選定/調達 解析レポート
配置検討