Beacapp

導入事例

病院内のナビゲーション
(東京慈恵会医科大学 様)

インドアナビゲーション
GPSが届かない場所や病院内の各フロア・部屋における迅速な情報共有を実現するため、2016 年 5 月にビーコン(Beacon)を附属病院内の各所に合計104 個配備し、ビーコン(Beacon)の電波による詳細な位置情報の取得し、アプリを介して情報提供することにいたしました。
ナビゲーションアプリは、スマートフォンとPCの両方で使うことができます。スマホの場合には、ビーコン(Beacon)と連携した現在地表示機能や、歩きスマホ禁止機能が搭載されています。スマホおよびPCのナビゲーションには、その人にとって最適なルートを選択する機能が搭載されています。Beacappにより、複数のアプリと院内ビーコン(Beacon)の管理の一元化や、ビーコン(Beacon)検知ログの収集に活用しています。
お客様の課題

病院内をお客様に案内する際に、すぐにマップを表示することができず、口頭のみで説明していた。
現在地がわからないため、患者様を歩かせてしまう結果になっていた。

Beacappで解決できたこと

ビーコン(Beacon)を使った現在地表示の仕組みをすぐに導入できた。
Webのマップと連動しているため、常に最新状態に更新されていて、迷わなくなった。

※本サービスは、2017年開始予定です。

外来棟B1から4階までをナビゲーション
外来棟B1から4階までをナビゲーション
現在地表示
現在地表示
歩きスマホ禁止
歩きスマホ禁止
ルート選択
ルート選択
BeeconとPepperとSurface Hubを活用した院内ナビゲーションシステム
Surface Hub
Pepperを使用する院内ナビゲーションシステムは、Pepperをマイクロソフト社のWindows 10 を搭載した大型ディスプレイSurface Hubと組み合わせています。
ユーザーが病院内の目的地をPepperに伝えると、Pepperの音声とともにSurface Hubでのパノラマ映像で案内が始まります。
アプリでのナビゲーションと合わせて、Surface Hubでの案内も様々な人に分かりやすい案内となることを目指して提供しており、非常に好評いただいています。

ビーコン設置台数

150台

弊社の担当範囲

システム連携 ビーコン(Beacon)現地設置
アプリ開発 現地検証
ビーコン(Beacon)選定/調達 解析レポート
配置検討