Beacapp

ビーコン(Beacon)とは

ビーコン(Beacon)とは、 低消費電力の近距離無線技術であるBluetooth Low Energy(BLE)を利用した位置特定技術と、その技術を利用したBLE信号の発信機のことで、BLEの信号を数秒に1回、半径約30mの範囲内に信号を発信します。
ビーコン(Beacon)を配置し、スマートフォン等の受信機でBLEの信号を受信すると位置情報を捕捉することができます。

Bluetooth
BLEを採用
受信側の消費電力が少なく、スマートフォンで標準で搭載しているBluetooth Low Energyを採用しています。

iOS7.1以上、Android4.3以上の
対象機種で利用できます。

ビーコン(Beacon)の距離
ビーコン(Beacon)の距離
GPSよりもさらに近距離・高精度の位置情報を利用することができます。

30cm、2m、30mの3段階の
距離を検知することができます。

ビーコン(Beacon)端末の種類
ビーコン端末の種類
端末価格屋大きさはメーカーによって様々です。1台あたり1,500円〜8,000円で販売されています。

設置場所や設置期間、予算に応じて
最適なビーコン端末を選定します。

Beacapp

ビーコン(Beacon)の位置情報による機能

存在検知
存在検知
電波の受信範囲内に存在することを検知することができ、電波強度によって距離(位置)を検知することができます。
通過検知
通過検知
電波の受信範囲の「in」と「out」を認識することにより、一地点を通過したかどうか、を検知することができます。ビーコンを複数利用すれば、方向性も把握することができます。
位置検知と動線把握
位置検知と動線把握
イベント会場や店舗などに複数のビーコンを網の目に配置することで、インドアロケーションを把握することができるとともに、移動状況を把握することができます。
Beacapp

なぜビーコン(Beacon)なのか?

下記のような優位性があり、位置情報検知技術では
ビーコン(Beacon)が本命といわれています。

ビーコン(Beacon)である理由1

送信機(ビーコン(Beacon)端末)と受信機(スマホなど)が安価

ビーコン(Beacon)である理由2

運用管理コスト(代替機対応、発送、電源管理など)が安価

ビーコン(Beacon)である理由3

設置場所を選ばない(防塵防水、軽量薄型、持ち運びや店内設置)

ビーコン(Beacon)である理由4

導入コスト(設置設定作業)が安価

ビーコン(Beacon)である理由5

能動的に電波を発信している
(検知漏れがない)